読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

親の想い

季節は夏へ

時々足踏みはしてるけど、向かっている

気温が上がり始める、7時頃

夜露を含んだ地面から匂う土の香り

僕は眠い目をこすりながら思い出す

子供の頃の思い出を


夏の思い出はいつだって、蝉の声が聞こえる

神奈川に住んで、10年。

時代のせいか、場所のせいか、生活習慣のせいか

僕の夏から蝉の声が消えた

時折、夜に何を思ったか、独り鳴く蝉が唯一

なぁ父さん

僕はあなたが僕に望んでくれた世界を生きられているのかな?

なぁ母さん

僕はあなたがくれた愛情を他の誰かに分けられてるのかな?

きっと

場所が変わっても

時代が変わっても

どんなに遠く、永い時が流れても

親の愛は変わらない

いい言葉を聞いた

「何度生まれ変わってもあなたの子供に生まれたい」

いつか、いつの日にか言ってやる


そんな事を、とある母の愛を聞いて思った