読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

近況報告

5月だというのに連日30度を超えるこの気候。絶対地軸ズレてるって!

ダイエットの為、家から地元の駅、職場から2駅を歩いて通っている。

そろそろ、キツイ。駅につく頃、職場に着く頃にゃ汗だくで、加齢臭を気にする年頃の僕にはそろそろ厳しい季節だ。

夏のような日差し、ジリジリと音が聞こえて来そうな肌の焦燥感。肌を守るためか吹き出す汗に、気の弱い僕はさらに、汗をかく。あとは無限にも思えるループ。で、結局、タナトスが頭を擡げてくる。いっそ、世界など滅びてしまえば良い、と。

 

エアコンのない夏の日は、もし僕が願うことがすべて叶う世界なら、暗黒の季節として、後に何かが進化した世界で恐竜の世界のごとく語られるだろう。

 

幸いにも、僕の願いは儚くて、叶うことなどほとんどないので、世界は、今日も無事なようだ。

 

世界の滅亡を願った同じ日に、僕は日没後の涼しい風を賞賛するのだから質が悪い。

 

原宿、19時43分。

3割くらいは日本語通じない世界。

僕はそこでウィスキーを煽りながら思うのだ。

 

あぁ世界は、捨てたもんじゃない。

 

とね。

 

涼し気な風は、僕の加齢臭とともに、熱を奪ってくれる。心地良い。

 

若い子やリッチな外国人の何か、抜けたような表情や、ところ構わずスマホで写真撮るため突然立ち止まる田舎者、朝には苛立ちの対象でしかないそんなものさえ愛おしく思うのだ。

 

相変わらずの、平常運行で元気にやってます!