読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

10分

21時22分。

新宿駅、4番ホーム。

僕は、自宅最寄りの駅まで帰る電車を待っている。

 

西口方面に、僕の視界は限定される。

駅近くの高層ビル群は、まだ灯りが灯っていて、その灯りが僕の恥ずかしい願いを思い起こさせる。

 

新宿ではなかったけど、残業続きの22階の窓から見る夜の街。

 

高いところから見た世界は、せいぜい半径5km程度だけど、僕の手に収まりそうなほど小さなものだった。

そこにきらめく灯を僕は支配したいと願った。地上に展開される、天球儀を、僕は自分のものにしたかった。

 

その高さから、その儚げな灯りから僕はそれを実現可能な夢だと思ってしまった。

 

三角関数をもっとしっかり学んでおけば良かった。今となってはそう思う。

 

 

 記憶の混濁 

 

 

23時

川崎の灯りは、遠くにコンビナートの煙突からあがる炎と駅近くの歓楽街。

 

コンビナートの灯りは美しくとも荒々しく、僕の好みにあっていて、歓楽街の灯りは、主張こそ激しいのだけど、儚げで、瞬間の美を僕に感じさせた。

 

25時荒々しく美しいコンビナートの灯りは疲れるので、儚げな灯りの元へ行く。

 

光じゃ無くて、その街が発していたのか光と気付く。

 

僕の目には死人のような表情で朝を迎えるエリートって呼ばれる人たちと、儚げな街で輝く女の子達の間に違いを見出だせなかった。

 

目の前に広がる、偽りの美しさに

 

灯りが無駄に灯らない街に。

 

僕は一抹の怖さと、美しさを感じる。

 

手にしたウィスキーのボトルは空いてしまった。

僕はもう酔いどれ詩人なのかな?