読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

Orion

吐く息は白く

街灯に輝いて

見上げる空にはオリオンの三ツ星

咥えた煙草の煙か

僕の肺から出る水蒸気か

わからないけど、キラキラと輝いて

冬の夜の視界を染める

 

あの日と違うのは

僕が一人で、歩いていること

咥えているのが

当時吸ってたKOOL MILDじゃなくて

Amerian Spritsのメンソールになったこと

 

左を向いても君はいない

振り返っても

どこにも

 

明け方の桜木町でなくても

君がいないのは

刺されるような寒さが

肌だけじゃなく、心まで

ちくりちくりと

刺しては教えてくれる

 

それでも

見上げる

オリオンは

あの日と同じように

輝いていて

 

僕はそれをあと何度思い出して

白い息を吐けばいいのだろうか?

 

手にしたチューハイは

炭酸が抜けきって

混ぜただけのエタノールの味がした

 

やがてこの悲しい思い出も

輝かしく感じるその日が来るのだろうか?

 

 

そんな日が来てしまったら

 

きっと僕は今より不幸なのだろう

 

君を求める悲しみが

僕の幸福である不幸

 

オリオンは星いくつだったかな?