読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

a kind of love?

僕はね、君を抱きたいと思ったんだ。

そうした後のしがらみやら何やらをいっさい考えずにね。

 

でも、君は考えた。その後の二人の関係を。

 

身体だけの関係は虚しい。そりゃそうだ。つまりは、君が男の子の利き手と同価値でしかないってことだから。でも、男の子はどうなんだろ?それを受け入れられたとき、男の子の価値は少女の枕元に置かれているクレーンゲームで取ったヌイグルミと同じなんじゃないかな?

 

僕もそんな扱いはゴメンだよ。

 

愛してるだとか、言葉って言う心を表すと信じられている代替物。心って言う知覚できず、推論するしかない対象。結局のところ、自分が信じたい世界を信じるしかないんかね?

 

ただ僕は肌寒い夜に人の温もりが欲しいのかな?