読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

俺の妹はこんなにもかわいい

1週間経たないと書けないほどに、ショックが大きかったと思ってほしい。

単に、いろいろと気持ち的に余裕がなかったっていうだけなんだけどね。

 

さすがわが妹、いい男を連れてきた。

ほんの30秒くらいしか会話しなかったけど、まぁ間違いなさそうな人だった。

 

僕としては、こんなセリフを考えていた。

「いやね、うちのおやじ殿も歳食っちまって、今更あなとに『娘が欲しければ俺を倒してから』なんて言えなくなっちゃってっから、代わりに兄である私がお相手しよう」と。

んまぁぶっちゃけた話、もし今後、僕に娘ができたらそれを言うために、そのためだけに僕は身体を鍛えているのだけど、その僕が「喧嘩したくねぇなぁ」と思うような人だった。

んで、相手も感じたっぽい。

妹が兄の、僕の影響を強く受けていることを。

たぶん目方で言えば僕のが上だと思うのだけど、明らかに鍛えている肉体だった。

殴り合いして負けないけど、でもきっと互いに怪我するレベルで伯仲すると思う。

年上の弟たる人。いい人そうで良かった。

あ~もし、なんかの縁で、あなたがこのブログ見ることがあったら言っておく。

うちの妹不幸にしたら、生まれてきたことを後悔させてやる。