読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

価値観のコペルニクス的転回

とあるストーリーと言うか風景を思ったんだ。


感動する話 泣ける話 「さだまさし 償い」 【感動する話 涙する曲 歌 泣ける歌の話】

罪は償いきれない

罰を与えられたとて

許されるわけではない

本当の罰は、それを自分で罪と認めたときに始まる永遠の業苦なのだろう

 

人生において、ふとそんな時が訪れる

過去に自分がやって

他人からなじられても、責められても反省できなかった

いろいろなこと

あるとき

そんなことが、とてつもなく大きな後悔になる

取り返しのつかないような後悔

後悔ってのはだいたいそんなものなんだけどさ

 

それでも、きっと人はそうして後悔できることを

自分の罪に気付けたことを後悔はしないのだろう

いや、しちゃうのかな時々は

それでもきっと一度変わってしまった価値観はそう簡単には

戻らない

 

それが責め苦であり償いであると思えばこそ

シューシュポスは岩を押し続けられるのだろうし

酷い言い方をすれば、償うことで、その行動に意味を

与えているのだと思う

 

不幸が不幸な人を裁くとき

その罰は始まっていて、自ずから罰を執行する

不幸が幸いなる人を裁くとき

やはりその罰は始まっていて、ただ幸いなる人は気付かない

そして、やがて幸いなる人が価値観のコペルニクス的転回を

迎えるときにその罪と忌避してきた罰からの苛烈な責めに

苛まれる

 

仕事帰りに喉が渇いたからと言って

チューハイ買うようになっちゃった自分の変化にw