読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

本が売れなくなった理由

珍しい時間に更新。

後任の新人の方のお仕事終わりを待っている間に・・・

さてさて、最近引越しの準備のためにプライベートでも身辺整理を始めています。

僕の場合、引越しの際に一番困るのが書籍です。

前回の引っ越しの際にも、段ボールで5個。

一人暮らしを始めて10年でそれくらいの量になりました。

今回、いろいろあって実家に一時的に帰るのですが、実家には残念ながらそれだけを置いておくスペースがないので、今回思い切って処分することにしました。

で、せっかくなので買取をお願いしてみたのです。

状態が良いもの、悪いものいろいろですけど、でも基本綺麗に扱っていたのですが、まぁ酷いですよね。1/10くらいになればいい方で、ほとんどのものが値段付かないってんですから。

たぶん、新品で買った本の値段で言えば段ボール5個だと200万近く使っていると思うのですが、だいたいハードカバーの本買うんで、1冊あたりが2000円近いでしょ?2,300冊はあるし・・・

まぁ、本来捨てるものを買い取ってもらえるだけでもありがたいのかなぁ?

でもね、なんか今回本を売ってみて、こうも思った。

「こんなんだったら今度から古本でいいや」

と言っても、まぁ僕が本を買うときって大抵はその本を売るって考えてないから、新品で買っちゃうんですけどね。

本にコンテンツとしての魅力がなくなったわけじゃなくて、もしかしらた、資産としての価値が無くなったことが本が売れなくなった理由の一端にあるんじゃないでしょうか。