読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

星に願いを

今年もいろいろありました。

とまとめは明日にでも書こうかな?

今日までお仕事の僕は、明日も出勤はしなけどいろいろとお仕事しなければいけないので、もう時間は仕事とプライベートが入り混じった感じです。

さて、先ほどまで授業をしていたのですが、その際、生徒にしたお説教(おっさんの説教は長いw)で思い出したエピソードについて書きたいのです。

 

 

 

引き寄せの法則」って話題になりましたよね?

実は僕、もうずっと前からこの法則知ってました。

生徒にお話しした説教はこんな感じ。

「昔さ、学生だったころに出会った会社の社長さんが話してくれたことなんだけどね、その人はこう言うんだ。『○○君、流れ星に願いを聞いてもらう方法を知っているかい?』って。唐突にそんなこと言われるから最初は(は?何言ってんだこのオヤジ?)って思ったんだけどね、その社長さんは続けてこんなことを言ったんだ。『流れ星が流れる間のほんのわずかな時間に3回も願いごとを唱えるなんて無理だよね?でも、それを実現する方法があるんだよ。ずっと、いつどんな時にも願い続けているんだ。』って」

これってつまりは「引き寄せの法則」なんでしょうね。

その人は、さらに言いました。

『星が願いを叶えてくれたのか、それとも自分が願い、行動が変わったから叶ったのかはわからないけど、事実僕の願いは叶ったよ』

そう、もしかしたら「引き寄せの法則」って他力本願ではなくて、願うことで自身を変えてゆくものかも知れない。そんなことを気づいて忘れないうちに書いておこうと思ったのです。

で、気づいたの。

実は、人はもっと昔からそんなことに気付いていたんです。

証拠はこれ!

 


星に願いを When You Wish Upon a Star

 

この歌詞に歌われているのってまさにこのことなんではないでしょうかね?

問題は、願い続けられるほど強い願いがあるかどうか。

たぶん、きっとみんな持っているはずなんです。

ただ、その実現のための行動がどういったものかわからないから、願いも行動も表に出て来てくれない。でも、願いを口に出すことはできる。

だからまず願いを口に出してみよう。

 

僕の愛する全ての存在が幸福でありますように!