読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

時感

えっと疲れて間違った訳じゃないの。

 
後ほど、加筆訂正するつもりもだけど、時間を感じる感覚のこと。
 
今ね、帰宅のために電車乗ってて、集中してブログ読んでたの。で、駅に着いたから降りようと思ったら、まだ目的の駅じゃなかった>_<
 
かなりのエントリ読んだんだけどね、なんか時間の流れが遅くなったような、そんな錯覚を覚えてしまった。
 
時間って不思議だなって思ったのです。
 
明日はお休みなので、お酒飲みながら続き頑張ろうっと。
 
※7月26日追記
 
テヘ、昨日は寝ちゃったw
 
で、時間と言うものを感じる感覚なのだけど、前も書いたかな?僕らには時間を感じる感覚器官はない。時間というものを感じるのは、いろいろなものの変化、空間を移動すると言うことから、形而上学的に推測されて考えられているものだと思うの。
時計というものがあって、人は時間を知ることはできても、それを感じることはできない。だから、時間の経過がその時々で早かったり、遅かったり、視点によって感じ方が変わったりするんだと思う。
 
人生を「暇つぶし」なんて言う人もいるけど、そうであったとしても、暇な時間は短い方がいいよね。時間長く感じるから。満ち足りた時間であったら暇でも短く感じるけどね。そう、休みの日みたいにね。
 
考えると言うのは、僕にとっては、楽しみでもあるんだけど、でも「考えなくてはならない」ことは苦痛なんだよね。暇な時間はもしかしたら「考える」って言う楽しみをできていて、仕事しているときには「考えさせられる」と言うことをしているのかもしれない。
 
だから仕事の中でも「教える」ってことをしているときは、すごく時間が早く感じて、あっという間に一日が終わるのだけど、要するにそれ以外の業務をしている時間はものすごく長く感じる。
 
逆にすごく集中しているときって、そう昨日の帰宅時に感じたみたいに、動作や作業が早く済んでしまうので、もしかしたらものすごく時間が長く感じるのかもね。
 
以上のことから、時間というものをコントロールするには、もしかしたら、心の問題なのかもしれないなんて思ったのです。
 
時間って学問的なカテゴリで言えば、物理的な領域にあるものだと思うのだけど、実は実際のところは心理学的な領域の存在なのではないのだろうか?