読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

She said

物語 She said ...

「ねぇ先生の夢ってなに?」

そう、君は聞き返した。

「夢かぁ・・・そうだねぇ・・・」

西日が差しこむ眩しい席で僕は夢を語った。

「なんてね、いい歳こいたおっさんが、言うべきことじゃないのかもだけどさ、でも、きっと叶う叶わないも含めて、夢を見るのに遅すぎるってことはないと思うんだ。」

と、いつものお仕事の用のセリフ「だから君も志望校を最後の最後まであきらめないで頑張ろうな」と僕が言おうとするのを遮って、彼女は言った。

「先生の夢叶うとこ見てみたい」

おいおい、そんなこと言うもんじゃないよ、と思いながらも真剣な彼女の眼差しに僕はたじろいだ。

まっすぐで、真剣で、何も隠そうとしない強い意志が宿っていた。

自分が正しいと信じ切っているそんな目。

たぶん、ほんの一瞬だったはずだ。そう願いたい。僕はその目に吸い込まれていた。

秒針の音が妙に大きく聞こえた。

肌を焼くほどの西日はもうすっかりと弱くなり、君の頬を赤く染めていた。

 

あれから、もう何年経ったのかな?

僕の夢は相変わらず叶っていない。

君の夢はどうかな?