読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福のヒント?

僕による僕が幸福になるための、ヒント集にするつもりだけど、だいたい愚痴、ときどき妄想、たまに詩っぽいの

Jealousy

チリチリと何かが焦げてゆくような音が聞こえる。

君を待つ時間。

嫌な想像。

見えないもどかしさ。

わからない怖さ。

心が焦げているのを感じる。

 

幼いころに影に見た怪物

実際には何もいないのに

子供の僕には確かにそこにいるのを感じられた

あの感覚ににている

大人になった僕には怪物はいないとわかっているのに

それでも、僕の心はジリジリと焦げてゆく

 

君の前では殆ど吸わないタバコは

半分ほど吸っては消し、また取り出して繰り返す。

灰皿には白い部分が残った吸い殻が溜まってゆく。

焦げ臭さはタバコのものだろうか?

 

遠くに見えた君の姿。

心は低い温度で焼かれる責め苦から解放された。

でもまだ、焼かれた部分がヒリヒリしている。

遠くで手を振る君。

その笑顔が眩しくて、手を振り返したくなる。

笑顔がうつってしまいそうだ。

でも、ムスッとした表情を保つ。

心配してくれる君が好きだから。

近づいてくる君が心の痛みを癒してゆく。

僕の心の怪物はひっそりと断末魔さえ上げずに消えてゆく。

 

~End~

待ち合わせのとき、喫煙者の僕は大抵タバコを吸っています。

気が短いのか、待たされるのがすごく苦手で、いつも過剰に心配しちゃう。

で、こんな感じで心がジリジリとしてしまうことがあるのだけど、「焦げ臭いなぁ?」と思っていたら、本当に自分の髪の毛が燃えていたときがあった。

嫉妬の炎で髪の毛さえ燃やすおっさん。

そろそろ髪切りに行かなきゃ。